• 2013/9/24

IMG_1047

ここしばらく、気取らず、ささっとブーケをつくる。

が、たのしい!

贈る、そのひとのイメージでつくるのがいい。

喜んで下さったなら、めちゃうれしい。

すきなこと、ふえた!

  • 2013/9/23

IMG_1156

気持ちが通い合うことは

とてもとても

幸せでうれしくおもう!

Michiちゃん

  • 2013/9/8

STA_08739

そもそもは、、コトリフィルムの島田大介監督と

back numberさんのMV”高嶺の花子さん”にてお仕事をご一緒させていただいたことで

先日バンド初となる武道館公演に伺いました。

さいこ~~に楽しかった。。

曲いい~~~~~~!!

武道館公演が全部終わったら、

今まで理解できず仕舞いにいた、

自分や相手のいろんな気持ちが

いっきに紐解ける経験をしてしまった。

なんなんだ!?いったい!

ヴォーカルの清水依与吏さんの歌詞の切なさが

私にはめっちゃロマンチックだった。。

そもそも、backnumberというバンド名は”付き合っていた女性をバンドマンにとられた。彼女にとって振られた自分はbacknumber

(型遅れ)だから”という意味でしみずさんによって名付けられたとのこと。

歌詞のなかでわたしの気持ち、”なんでそこまで知ってるの??だったり、

女々しさや、自分しか知らないじぶんの脆さを

細やかに言葉にして、

本当だったらかっこよくない部分が

さらけ出されているのですが、

そこが、恐ろしいまでの共感。

そこが、ほんとうにロマンチックに昇華。

自分のいろんな消化不良のせつなさやみっともなさに、

彼らの音楽が薬のように効いた。

デビューからの道程を経て、この日の武道館に立ち、

ステージをかみしめる想いに溢れていました。

感動させてもらった!!

ありがとうbacknumber!!

島田監督からの。。。backnumber初武道館に行ってきました。

  • 2013/9/8

初めて宝塚歌劇団の舞台を観劇させていただきました。

ん~~~~~~~~っ 感動しました。。

日本の誇りだと思いました。

宝塚歌劇団に憧れ、目指す狭き門を突破し、

全てを注いで切磋琢磨し、

選ばれた人しか舞台に立つことを許されない。

それは、プロフェッショナルの世界に共通することだと思うのですが、

宝塚歌劇団の舞台を観劇を通してかんじたこと、

役者の身に染入った共通する美学がある。

ということが伝わってきました。

最大舞台上に80名くらいかな?

(恒例のラインダンス時など)ざっとですみません、

定かではないのですが。

呼吸、舞台をつくる間、身のこなし、

すべてに”皆おなじ夢を見て来た”ということ。

美しくストイックでプロフェッショナル。

ほんとうに素晴らしい公演。。

観客に対してありったけの献身を感じた。

こんな風な言葉が相応しいのか分かりませんが、

その姿勢が健気でうつくしすぎる。

ありったけフォーユーは胸を打たないはずがなく、

だいすき!!!!!!!!っと、心で抱きしめかえしました。

(求められてない。笑)

数少ない経験ではありますが、

海外で観に行かせていただいた舞台と全く違った、

日本人のもつ古風な健気さや一途さ、凛としたうつくしさ、

ストイックさ。

宝塚歌劇団、日本の誇りです。

私、知るのが遅すぎてソンしてた。。

東京公演の舞台もたくさんあるのでまた行きたい。

FANTASTIC ENERGY ~~~~!!!!!

FANTASTIC ENERGY !!!!!